体幹を高めて飛距離を高めよう!「体幹」を使った新しいゴルフスイング

飛距離が伸びない、ゴルフが上達しない理由はいたって簡単!

年齢、パワー、運動神経、経験年数、センスは一切関係ありません。

ブレない軸を作って力まずに振れば、 飛距離も正確性もアップします。

もし、あながた今、ドライバーの飛距離・スライス・フックに 悩んでいるのならお役に立てます。

話題の「体幹」を使った全く新しいゴルフスイング理論です。

一度ご覧ください。

体幹軸ゴルフスイング
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=55347

ゴルフは、自己流のスイングや、練習法ではゴルフはなかなか上達しないスポーツです。

だからこそ、あなたのスイングにブレない「軸(メソッド)」が必要です。

スイングはできるだけ、easy(簡単)ではなくsimple(シンプル)に。

そして、自然やコース、そして自分との戦いに集中できる状態をキープすべきと考えます。

この「体幹軸スイングプログラム」では、

全てのスポーツの軸となる 「体幹」を使った方法で、

飛距離アップやゴルフのパフォーマンスを 向上させる方法についてご紹介しています。


■体幹軸スイングの基本3要素

1.“体幹”を使ったスイング作り
2.身体の中心を“軸”とした回転運動
3.末端(手や腕)に頼らない動作作り


この3つの要素を主軸として、簡単かつ再現性の高いスイングを目指します。

体幹軸ゴルフスイング
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=55347

■では、体幹軸スイングのポイントとは?

全てのスポーツのパフォーマンスの軸となるのが「体幹」。

「体幹」とは、樹木でいえば幹に当たる胴体部分。

歩く、階段を上がる、走るなど日常生活の すべての動作の軸であり、

枝である手足や頭部の動きを支える土台です。

この体幹の筋肉や骨格がしっかりしていないと 何気ない動きでも上体がブレます。

すると、肩や首、ひざなど小さな間接への負担が大きくなり、凝りや関節痛を 生む原因になります。

会社で例えるならば、「体幹」は経営の中枢を担う「役員」。

中枢部分がしっかり機能していないと、末端の社員にシワ寄せがくるのは必然。

軸となる強固な「体幹」を築くことが、ゴルフのパフォーマンスを向上させてくれるのです。

体幹軸ゴルフスイング
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=55347

体幹軸ゴルフスイング マスターパック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。