腰痛に悩んでいませんか?

最近は老若男女問わず、腰痛に悩む方が多いみたいですね。
かく言う私もその一人ですが、
痛みだすと、立つ事も出来なくなってしまうんです。

さて、一言に腰痛といってもその原因は様々です。
内臓の病気で怒るものと、背骨に原因があって起こるものと
大きく分けると2種類あります。

【腰痛を伴う内臓関連の病気】
腎臓結石、尿管結石、婦人科系の病気など

【腰痛を伴う背骨の病気】
椎間板(ついかんばん)ヘルニア、骨粗しょう症、
変形性脊椎症(せきずいしょう)などがあります。

腰痛は内臓関連の病気のように原因が分かれば良いのですが
脊椎(せきずい)の病気の場合、検査をしても原因が分からない
場合があります。そのような腰痛を総称して腰痛症といいます。

腰痛の治療法ですが、原因が分かっている場合は
その原因を除く治療を行えばよいのですが、原因がはっきり
しない場合は痛み止めの投薬や湿布などで一時的に痛みを
和らげる方法しかありません。
実際のところ、腰痛で悩んでいる方の大半は
こういった一時的な痛みの緩和治療を繰り返して
いるのでは無いでしょうか?

しかし、この「痛みの緩和治療」は腰痛そのものを
治療するものではなく、一時的に痛みを緩和する治療
なんです。本来の腰痛は無くなりません。

では、本当に腰痛を治療する方法は無いのでしょうか?


もし、本当に腰痛でお悩みの方は、
この「中川式腰痛治療法」をお勧めします。

■中川式腰痛治療法■
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=27364

※悩んでいる方のQ&Aです。
Q.椎間板ヘルニアと診断されました、それでも改善できるのでしょうか?
A.椎間板ヘルニアとは、あくまでも一種の症状のことです、
 1日15分、正しい方法でトレーニングすれば、椎間板ヘルニアでも克服できます、
 ご安心ください。

Q.現在、腰痛の痛みからほとんど動くことができないのですが・・・
A.このように腰痛が原因となって動けない、という方は非常にたくさんいらっしゃて、
動けない理由にも症状は様々で、まず、最初に症状をお伺いしたいので、
 サポートにメールかお電話にてご連絡してください、
 またどのような場合であっても改善方法はありますので、
 すぐに動けるようになると思います。


◆外出中でもあなたの痛みはなくなります!!突然やってくる痛みに悩まされることは
なくなる方法があり、この方法を身につけると、四六時中、痛みは治る一方になるのです。

◆腰痛が悪化する3大要因とは!?この3大要因があなたの腰痛を悪化させていて、
そしてこれを防ぐだけであなたの痛みは治っていくのです。

◆ 痛み止めは危険!?
「痛み止めで抑えよう・・・」ちょっと待って下さい。
正しい知識なしで、痛み止めを飲み続けると危険なことになります。
あなたの体がどんどんむしばまれていることに気づいていますか?
そんなあなたのために痛み止めの知識のすべてをお伝えします。

■中川式腰痛治療法■
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=27364
タグ:腰痛

諦めないで!椎間板ヘルニアは治ります!

椎間板ヘルニアによる腰の痛みで、
思うようにスポーツができない方、

野球、サッカー、バレーボール、ゴルフなどの
スポーツの道をあきらめた方、

思うような生活がおくれない方。。
まだまだ、望みを捨ててはいけません。

整体師として28年間の活動を通して、

数多くの椎間板ヘルニアに悩む方の痛みを解消してきた

いずみ整体施術室 川俣泉さんからの
メールが届いています!

以下川俣泉さんからのメールをご紹介します!


『椎間板ヘルニアのせいで、足がとにかく痺れるんだ!
腰の痛みがハンパないんだ〜!』

椎間板ヘルニアは、確かに命に支障がない、、、

なんて考えは、直に捨てて頂きたいと願っております。

私は、事実4000人を超す椎間板ヘルニア患者を見てきました!

そして、その97%の悩みを解消してきました。

まず、医者も認めたこの方法を確認下さい!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=29700




私のもとには、様々な方法を試したけど、

結局は椎間板ヘルニアが治らなかったという

方が次から次へと訪れます。

特に私のもとに訪れる多い例として、、、

>レーザー手術を受けても改善されなかったという方

>毎月数回、ブロック注射を受けているが、改善が見込めない方

>専門医の手術を受けても、2年後には再発した方

>様々な整体法を試したが、効果を実感出来なかった方

>一回5万円の気功法やマッサージなど何でも試したが、長期休職に追い込まれた方

>椎間板ヘルニア改善用グッズを一通り揃えたが、効果を感じなかった方

が多く訪れます。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=29700



既に何十万円も払った方で、痛みが治らない方。

そう言った方が、結局訪れるのは、私の施術室である場合が多いです。

それでも、口コミだけでここまで私の治療室が広まったのには訳があります。

それは、目先ではなく、根本的な椎間板ヘルニアの痛みを解消する方法に従じているからです。

私が言う、根本からの椎間板ヘルニア解決の方法とは、、、

>椎間板ヘルニアになった原因の改善を含めた方法を行う

>再発の要因となる、バランスが崩れた骨盤の矯正を行う

本当の理由を知らずに、とりあえず治療をされている方が多すぎます。

その悩みを根っこから解消するのが、この『骨盤』という重要なキーワードです。

最後に、このサイトを確認下さい。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=29700

【川俣式整体】 椎間板ヘルニア改善法

一度はあきらめかけた、スポーツへの道も
また開けるかもしれません!!

「野球肘0人プロジェクト」 〜お子様を野球肘から守り、救い出す方法〜

あなたのお子様は、以下のような症状を、
あなたに伝えた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕がだるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛みが走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。



もし、一つでも該当すれば、
それは野球肘の可能性が大いにあります。

そして、「野球肘」という言葉を聞いて、あなたは

・「息子は次の試合には間に合うのだろうか?」
・「このまま野球が続けられるのだろうか?」
・「家での対処方法はないのだろうか?」
・「野球肘って、そもそも治るものなのか?」
・「シップは張ったほうが良いのか?」
・「アイシングはしたほうが良いのか?」
・「どうやって治せば良いのか?」
・「どうやって予防すれば良いのか?」
・「本当に野球肘なのか?」
・「野球肘の原因は一体なんなんだ?投げすぎか?フォームか?」
・「接骨院、整形外科など、いったいどこで診てもらうべきなのか?」




など、たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。

しかし、ご安心ください。

野球肘をケアする方法の中でも最も重要な
「野球肘を予防する方法」をお教えします。

この予防方法は、単純に野球肘を予防するだけの方法ではありません。

ケガの後、順調に症状を回復させ、かつ選手として
全力プレーに戻れるようにするための自己トレーニングとしても
利用できるのです。

つまり、あなたはこの方法を知ることによって、
確実にお子様を野球肘の脅威から守る事となり、
さらにケガの予防法もマスターすることが可能になるのです。

その方法とは?
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=25215


「野球肘0人プロジェクト」
〜お子様を野球肘から守り、救い出す方法〜



野球肘でピッチャーの選手生命が
終わる事だってあるのです。

もし、息子さんが野球肘でお悩みなら
今すぐ、コチラをごらんください。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=25215
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。