オリンピックコーチの短期バトミントン上達法!オリンピック選手が実践する試合で勝つためのテクニックとは…

10日でトッププレーヤーになれるバトミントン上達法!

バルセロナオリンピック男女総合コーチの
“長谷川博幸”が貴方を10回の練習プログラムで
トッププレーヤーに成長させる!

まったくの無名選手からオリンピックの日本代表選手
までに成長した練習方法とは…

これで“勝つためのテクニック”が貴方に宿る!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

●日本で一番教え上手な先生が指導
あなたも、
この上達プログラムを試すと・・

・正確なサーブとコンパクトで速いドライブが
 打てるようになります。

・相手のバランスを崩すドロップと
 態勢を立て直すロブが打てるようになります。

・バックバウンダリーラインぎりぎりに落ちる
 ハイクリアーが打てるようになります。

・相手のコートに一直線に突き刺さるような
 強烈なスマッシュが打てるようになります。

・ネットプレーの代表的な
 テクニック、ヘアピンショットが
 打てるようになります。

・得点につなげられる精度の高いプッシュが
 打てるようになります。

・壮絶なラリー戦でも
 コートを完璧にカバーできる
 俊敏なフットワークが身に付きます。


などなど、
様々なショットとフットワークを駆使した
オリンピック選手が実践する
「試合で勝つためのテクニック」が身に付きます。

中には、
まったくの無名選手から
オリンピックの日本代表選手まで
成長してしまった選手もいるくらいです。

それぐらい、
普段行っている「練習方法」というものが
バドミントンの世界では重要になってくるのです。

詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

●バドミントンの試合で勝つための
 “8つのテクニック”とは

1.ロングハイサービスを打たれた時の対処A
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
具体的にどこを狙うかというと、
【利き腕とは逆のコート奥】です。
ここを狙う理由は、
相手をコート奥で体勢を崩すことができ
返球が甘くなる可能性が高くなるからです。

2.ロングハイサービスを打たれた時の対処B
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
有効になる返球箇所をお教えいたします。
これはズバリ、相手の体付近を狙うということです。
狙いは最も打ち返しにくい部分の
「利き腕とは逆の
 脇腹から胴にかけてのエリア」です。

3.ショートサービスを打たれた時の対処A
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このときの狙いは、相手のネット際に落とすか、
バックバウンダリーラインまで打ち込み、
相手の動きをいかに封じ込めるのかが
大きなポイントとなります。
【ショートサービス後の狙いは、利き腕側のコート奥】

4.ショートサービスを打たれた時の対処B
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【ショートサービス後の狙いは、
 ネット際ギリギリのショット】がポイントです。
ですので、十分に練習を行い正確なショットが
打てるようになってから本番の試合で
実践することが重要になってきます。

5.サーブ位置が左になった場合の対応
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
試合を有利に進めるためには、
ロングハイサーブを打たれたあとハイクリアーで
相手を揺さぶるというテクニックも重要になってきます。
相手をより多く動かすことでスタミナを奪い、
試合の後半戦を有利に進めるという目的もあります。

6.序盤相手の動きをみるために行うショット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
場面としては、
ロングハイサービスを打ってきたあとの返球を、
ストレートで返すというものです。
狙いは利き腕側のサイドラインです。
このショットは
相手の動きを見るために行うショットですので、
シャトルよりも相手の行動に
意識を向けるようにしてください。

7.ショートサービスを打たれた時の対処C
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なるべくサイドラインよりの
ネット際に落とすことによって、
サービスを打った側は
2ステップでシャトルを取りに行かなくてはなりません。
そして、打ち返せたとしても甘く浮いた球になりやすいので、
ポイントを取れるチャンスがやってきます。

8.ラリー中の返球と多彩なフェイントについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
試合中の有効な一打について、
フォームというものからも考えることできます。
▼ スマッシュ・・・・速い弾道でコートに突き刺す
▼ ハイクリアー・・・なだらかなカーブを描き、
           コートの奥へ追いやる
▼ ハーフカット・・・はじめは速く、
           勢いを落としながら変化する
▼ ドロップ・・・・・ネット際へ落とす
どれも、頭上に飛んできた球を
オーバーヘッドストロークで打ち返すものです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801


●「では、具体的にどのように
    練習していけばいいのでしょうか?」

はい、その内容を
今回特別に
すべて動画とマニュアルに詰め込みました。

気になる中身をご紹介すると・・・

・まずは、バドミントンをプレーする
 準備を整えていこう! 

・正確なサーブとコンパクトで
 速いドライブをマスターする

・バランスを崩すドロップと
 態勢を立て直すロブの打ち方

・守備的な一打「ハイクリアー」を身に付け
 状況を一掃する

・相手のミスを鋭く突く
 フィニッシュショット「プッシュ」を覚える

・最も攻撃的なショット「スマッシュ」の
 精度を高めていく

・ネットプレーの代表的なテクニック
 「ヘアピンショット」 

・コートの広さを意識して
 機能的なフットワークを身に付ける

・実際に、試合(シングルス戦)で
 勝つための戦略を学ぶ

・元・オリンピックコーチが教える
 試合に臨むための心構え


あなたも
この上達プログラムを試すことにより、
これまでに私がコーチしてきた
選手たちと同じように、
短期間でバドミントンが上達していくことでしょう。

詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

バドミントンが上達したい人は今すぐご覧下さい        
     
驚くほど簡単に上達していくバドミントンの進め〜
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801


あなたも、この上達プログラムを試すと・・

●正確なサーブとコンパクトで速いドライブが打てるようになります。

●相手のバランスを崩すドロップと態勢を立て直すロブが打てるようになります。

●バックバウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリアーが打てるようになります。

●相手のコートに一直線に突き刺さるような強烈なスマッシュが打てるようになります

●ネットプレーの代表的なテクニック、ヘアピンショットが打てるようになります。

●得点につなげられる精度の高いプッシュが打てるようになります。

●壮絶なラリー戦でもコートを完璧にカバーできる俊敏なフットワークが身に付きます。

などなど、様々なショットとフットワークを駆使したオリンピック選手が
実践する試合で勝つためのテクニックが身に付きます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801  

こんな練習で上手くなろうとしていませんか?

◆二人一組のペアになり、カット、ドライブ
 プッシュ、ハイクリアー、 スマッシュ、
 ヘアピンなどなど、基本ストロークを
 ひたすら練習をする
 
◆正確な配球パターンやコントロール
 または苦しい体勢からの返球を身に付ける
 ために、スピードとテンポの速いノック練習をくり返し行う
 
◆どこへショットを打たれても最短距離で
 移動できるホームポジションを意識した
 足の運び(フットワーク)を練習する
 
◆フォームの矯正や腕の筋肉を強化する
 ためにラケットを何百回と素振りする
 
◆より速いフットワークや、より強烈な
 ショットを打つために、心肺機能を高める
 トレーニングや筋力を強化するトレーニングを日々行う
 
◆目標とするバドミントン選手や、プロのバドミントン選手の
 プレーをDVDやビデオで何度も見て、それをイメージしながら練習をする


などなど・・・もしこのような練習方法でバド
ミントンを上手くなろうとしているのなら
あなたは何ヶ月、いや何年経っても著しい
成長は望めないでしょう。

なぜなら、バドミントンで最も重要なことが
欠けているからです。それは、試合で勝つ
ためのテクニックです。

バドミントンは1対1の対人スポーツであり
どんなに強烈なショットが打てても、どんなに
俊敏なフットワークを身に付けても、結局、
試合に勝てなければ何の意味もありません。


もちろん、上記のような練習方法は非常に大切
ではありますが、どのようにゲームを進めて
いけば相手を制することができるのか?

これを理解していなければ、せっかくの
辛い練習もすべて水の泡になってしまうのです。

実際に、私がコーチしてきた選手たちには
ラケットワークやフットワークなどの部分的
な練習だけではなく

「試合で勝つためのテクニック」というゲーム
全体の流れを把握できるような練習を徹底的に
教えています。


こうすることにより、選手たちはゲームでは
どこでどんなショットを打ち、どのような試合
運びをすれば確実に勝てるのかということが
ハッキリと理解することができるのです。

そのため、自分の弱点や強みなども明確に知る
ことができ、先ほどご紹介した基礎的な練習
方法がとてつもなく効果的になり、バドミントン
が短期間で上達していくのです。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

バドミントン上達プログラムを一部ご紹介

・まずは、バドミントンをプレーする準備を整えていこう! 

・正確なサーブとコンパクトで速いドライブをマスターする

・バランスを崩すドロップと態勢を立て直すロブの打ち方

・守備的な一打「ハイクリアー」を身に付け状況を一掃する 

・相手のミスを鋭く突くフィニッシュショット「プッシュ」を覚える

・最も攻撃的なショット「スマッシュ」の精度を高めていく

・ネットプレーの代表的なテクニック「ヘアピンショット」 

・コートの広さを意識して機能的なフットワークを身に付ける

・実際に、試合(シングルス戦)で勝つための戦略を学ぶ

・元・オリンピックコーチが教える試合に臨むための心構え


あなたもこの上達プログラムを試すことにより
これまでに私がコーチしてきた選手たちと
同じように、短期間でバドミントンが上達
していくことでしょう。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

このプログラムであなたは変わります
▼正確なサーブとコンパクトで速いドライブが打てるようになります。

▼相手のバランスを崩すドロップと態勢を立て直すロブが打てるようになります。

▼バックバウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリアーが打てるようになります。

▼相手のコートに一直線に突き刺さるような強烈なスマッシュが打てるようになります

▼ネットプレーの代表的なテクニック、ヘアピンショットが打てるようになります

▼得点につなげられる精度の高いプッシュが打てるようになります。

▼壮絶なラリー戦でもコートを完璧にカバーできる俊敏なフットワークが身に付きます


などなど、これら多彩なショットやフットワーク
を駆使した「勝ちにつなげるためのプレー」が
できるようになります。

もし、あなたが少しでもバドミントンに興味を
お持ちなら、是非一度、この実践バドミントン
上達プログラムを試してみてください。

今回の内容はとても貴重な情報を詰め込んだと
自負しています。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801

最後に…

このプログラムを通じであなたにお伝えしたい
ことはただ一つです。それは、バドミントンは
短期間で上達できる!ということです。

私は、これまでに数え切れないほどの選手を見て
きましたが、その中でも日を追うごとに成長して
いく選手と、一生懸命やっているのにも関わらず
一向に上手くなれない選手がいます。


彼らの差は、決して持って生まれた才能や身体
能力で決まっているのではなく、すべて日々
行っている練習のやり方で決まっているのです。

それをあなたにも実感してもらいたくて、私は
この上達プログラムを公開することを決意
しました。


この上達プログラムにより、あなたが一日でも
早く理想とするバドミントンプレーヤーになる
こと。それが私の唯一の願いです。

それでは、あなたとお会いできるのを楽しみに
まっています

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

トッププロレベルのバドミントンテクニック


もし、あなたがバドミントンで


 「試合でスマッシュがネットにかかってしまう・・・」

 「いつもあっさりとクリアーを拾われてしまう・・・」

 「プッシュが苦手。相手コートに入ったためしが無い・・・」

 「ラリーにならない。スィートスポットで打てたことが無い・・・」


                  と、悩んでいるのなら



たった10回のプログラムで

●トッププロ並みのハイスピードスマッシュを打ち、

●バックバウンダリーラインぎりぎりに落ちるハイクリアーを
 苦もなく打ちこなし、

●マシーンのような精度の高いプッシュを打ち、

●正確な打法。ラリー戦もものともしない俊敏なフットワークを
 身に付けられる。



などなど、様々なショットとフットワークを駆使した

オリンピック選手が実践する「試合で勝つためのテクニック」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を身につけることができます。

以下、オリンピック総合コーチでもあった長谷川コーチからの
メールを紹介します!!


はじめまして。

長谷川 博幸と申します。


現在、私は“尚美学園大学バドミントン部”の監督を務めております。

バルセロナ五輪では男女総合コーチとして参加しておりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしかしたら、テレビなどでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801


また、私の生まれた福井県勝山市では今でも
“長谷川博幸杯争奪バドミントン大会”という不遜ながら名前を
冠させていただいた大会も催され、今年で16回を迎えることが
出来そうです。



そんな私が、あなたにメールを出させていただいたワケ、それは・・・

オリンピック選手が実践する「試合で勝つためのテクニック」を
あなたにも身につけてもらいバドミントンをもっと楽しんで頂くためです。



もしかして、あなたは「こんな練習方法」で上手くなろうとしていませんか?


●二人一組のペアになり、カット、ドライブ、プッシュ、ハイクリアー
 スマッシュ、ヘアピンなどなど、基本ストロークをひたすら練習をする。

●正確な配球パターンやコントロール、または苦しい体勢からの返球を
 身に付けるために、スピードとテンポの速いノック練習をくり返し行う。

●どこへショットを打たれても最短距離で移動できるホームポジションを
 意識した足の運び(フットワーク)を練習する。


もし、あなたがこんな練習をしているのなら非常に残念です。


更に・・・


●フォームの矯正や腕の筋肉を強化するためにラケットを何百回と素振りする。

●より速いフットワークや、より強烈なショットを打つために、
 心肺機能を高めるトレーニングや筋力を強化するトレーニングを日々行う。

●目標とするバドミントン選手や、プロのバドミントン選手のプレーを
 DVDやビデオで何度も見て、それをイメージしながら練習をする。



などなど・・・

もし、このような練習方法で本気でバドミントンを上手くなろうと
しているのならば、

あなたは何ヶ月、いや何年たっても成長など望むべくもありませんし、
下手をすると選手生命すら危うくなってしまうことでしょう。



なぜなら、バドミントンで決定的に重要な”あること”が、

あなたには“欠けている”からです。


ただし、たった10回“この方法”を試してみるだけで見違えるように
劇的に、あなたのバドミントンが変わるとしたら・・・

あなたはどうしますか?


ライバルを一瞬で抜き去り出し抜きたいですか?

ならば、私の話を聞いて下さい。

 今すぐ話を聞く!
⇒⇒⇒http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=32801


オリンピック総合コーチが教えるバドミントン上達法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。