テニスのダブルス必勝プログラム!試合で勝つための戦術を草大会女王が包み隠さず伝授!

これまで1000人以上が試合で勝てるようになった!

テニスで勝つために上手さは関係ありません!!



テニス特待生としてインターハイや国体で活躍し

これまで100以上の草大会で優勝している

「草大会の女王」杉山貴子が

杉山流の勝ち方を包み隠さず教えます。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=42545


つまずいているポイント

私の教えている生徒の一人である
ゆうさんの試合を一通り見て、
だいたいのつまずいているポイントが分かりました。


悩み1:誰がどう動けば、
    いちばんいいのかわからない。

悩み2:ミスの後、頭が真っ白になる。

悩み3:ネットが大事だと分かっているが、
    タイミングがわからない

悩み4:サーブはどこでもいいと思っている。

悩み5:ロブ合戦で負ける。

悩み6:リターンがわからない

悩み7:スマッシュを打っても決まらない。


その結果、試合になると、
練習通りにショットを打つことができず
2、3回戦止まりになってしまう。

私はゆうさんに、
試合で勝つためのたった一つのポイントを、
自らのお手本を見せながらアドバイスしました。


実は、
「たった一つのポイント」は

誰にでも共通する
勝つために必要なものなのです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=42545

悩む人達には、
共通した勘違いがあります。


それは
「テニスが上手くなりさえすれば
(技術が上達すれば)
 試合で勝つことができる!」

というものです。


何を馬鹿なことを言っているんだ!?
と思われるかもしれませんが、
実は本当のことなのです。

テニスが上手くなるだけでは
決して試合で勝つことはできません。

テニスの試合で上位選手に勝つためには
勝ち方、つまり「戦術」が必須なのです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=42545

技術を上達させるより3倍必要な事

あなたがいくら練習して
技術が上達したとしても

勝ち負けに及ぼす影響はたったの20%です。
それに対して、戦術が占める割合は60%。


つまり技術を上達させるよりも
戦術を学んだほうが
3倍も勝ちに結びつきます。

つまり技術を上達させるよりも
戦術を学んだほうが
3倍も勝ちに結びつきます。


これらのことからも分かるように、
あなたが試合で勝っていくためには
”技術”だけを練習するのではなく、

それ以上に実践で使える”戦術”を
増やしていかなければいけないのです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=42545


戦術の方法が分からない方へ

ダブルスの試合で勝つための戦術の映像を
DVDにまとめた中のほんの一部ですが、
内容をご紹介いたします。



★「ダブルスだからこそ、ここを狙う。」
  狙い目であるダブルス用サーブのコツ

★「もどかしい・・・」と感じる
 ロブ合戦を制するためのコツ

★ネットに先に詰めるコツ

★必ず決まるスマッシュを打つには

★相手のリズムの崩し方

★サービスダッシュしてくる相手への対処法

★初心者が特に勘違いしやすい 
 リターンする時の立ち位置とは?

★パートナーがサーブをしたときに
 とるべき自分の対応とは? 

★パートナーがアプローチをした時に
 とるべき自分の対応とは?

★相手の意表を突く
 ストレートボールの使用方法とは?


このほかにも
まだまだ沢山の戦術があります。

DVDでは、
あなたが一つの戦術を
完全にマスターするまで

私のコーチングを
何回でも繰り返し受けられるのです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=42545

小浦武志の教え子、クルム伊達公子、39歳でマリアシャラポワを撃破!

小浦武志の教え子、クルム伊達公子、39歳でマリアシャラポワを撃破!


39歳になるクルム伊達公子選手が東レ・パンパシフィックオープンで
元世界ランクNo1のマリアシャラポワ選手を破った。


現役を退いて12年のブランクがありながら今も世界のトップ選手と
互角にやりあえるのは、ジュニア時代からの基礎があるからこそ。


そのクルム伊達公子選手の基礎となったのは、
小浦武志コーチの指導だった。


クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数々の超一流選手を指導した
小浦武志の『絶対基本』とは?

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=31528


小浦武志のプロフェッショナルテニス理論

クルム伊達公子がシャラポワに勝利できた、その理由とは?


9月27日、東レ・パンパシフィックオープンで39歳のクルム伊達公子選手が
あのマリア・シャラポワ選手を7─5、3─6、6─3で破りました。


身長163cm、28日に40歳になったクルム伊達公子選手が、身長188cm
23歳の元世界No1シャラポワ選手に勝利できたのには秘密があります。


ジュニア時代から、世界を目指し、日本の頂点ではなく世界の頂点を
目指してきたからです。


そして、その世界の頂点を目指すのに切り離せないのはコーチの存在。


クルム伊達公子選手は小浦武志氏にコーチを受け、世界ランキング4位まで
登りつめました。


世界中のメディアも認めたクルム伊達公子選手の強さの秘訣とは・・・

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=31528


同年代として、クルム伊達公子選手の活躍は私自身の刺激にもなりました。
彼女の今後の活躍をますます期待しています。
そして、テニスを上達したいと願う方に、この教材はお薦めです!!


小浦武志のプロフェッショナルテニス理論
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。